歌詞

スカート、ひらり

AKB48

作詞
秋元康
作曲
岡田実音

偶然のいたずらで あなたとすれ違った

心臓 止まりかけて

わざと無視したまま 通り過ぎた


何て馬鹿な私なの?

こんなに好きでいるのに

自己嫌悪に陥(おちい)る

駅の人混みで一人


一瞬の出来事が

未来に悔いを残すPAIN

ねえ 神様 もう一度

時間(とき)をリセットしてください


女の子には

スカート、ひらり ひるがえし

走りたくなる時がある

何もかも捨てて

愛に向かうよ

恋をする度

スカート、ひらり ひるがえし

ハートに火がついたように

私たち 何をしても

許される年頃よ


夢を見ているだけじゃ

何も進展しない

手を伸ばして 初めて

そこに 実のなる果実


大人への階段を

一気に二段飛ばして JUMP

ねえ 今すぐ 好きですと

言わせてください


女の子には

スカート、ふわり ふくらませ

元気になれる時がある

青春は いつも

前を向いてる

恋をしたから

スカート、ふわり ふくらませ

あなたを追いかけて走る

私たち 何かしなきゃ

もったいない年頃よ


弾む息 落ちる汗

全力で

この道を信じて走ろう

気持ちが風になれたら

あなたに きっと 伝わる

結果は もう 恐れずに

世界で一番好きなの


女の子には

スカート、ひらり ひるがえし

走りたくなる時がある

何もかも捨てて

愛に向かうよ

恋をする度

スカート、ひらり ひるがえし

ハートに火がついたように

私たち 何をしても

許される年頃よ

提供: うたまっぷ