歌詞

綺羅

塔矢アキラ(小林沙苗)

作詞
藤林聖子
作曲
佐藤英敏

1人で雨を歩いてる 街の中

冷たくなった指先 そっと握ってた


すれ違う傘 笑い合う人混みで

めぐり逢うことの意味を考えていたよ


何か違ってる 変わり始めている

君って言う出来事が 距離感狂わせている?


どこまでも 続いてく道

僕の速さで歩こう

いつかまた 傷付いて

ひざまずく夜が来たって

閉ざされた心の中へ

君が落とした奇跡で

僕がいたこの世界 確実に広がり続ける


夕暮れの色届かない 空を見て

このまま止まないでてと、どこか思ってた


痛みを知れば 強くなれるのなら

朝が来るまで不安に怯えていたい…


すぐにこの雨も星ぞらに変わる

そのリミット聞こえたら 僕を取り戻すから


どこまでも 続いてく道

終わりが遠くなっても

いつの日かたどり着く

約束がほどけないように

選ばれた扉の向こう

君が来るのを待ってる

いつまでも いつまでも 運命を静かに待ってる


どこまでも 続いてく道

僕の速さで歩こう

いつかまた 傷付いて

ひざまずく夜が来たって

閉ざされた心の中へ

君が落とした奇跡で

僕がいたこの世界 確実に広がり続ける

提供: うたまっぷ