歌詞

CREAM

コージ(草尾毅)

作詞
只野菜摘
作曲
吉山隆之

そっと 背中むけても

揺れてる気持ちに きみはきっと 気づいてしまうね

そうさ どうか 不思議そうな眼で

黙りこむ僕のことを みつめないでほしい


真冬のクリームみたいだね

凛として あまくて 純粋で

なにかをもとめる想いは わるくないのに


ふっと 我にかえって 響いたクラクション

どんな日にも まもってゆきたい

通りすぎる ガラスの窓に

うつった僕の顔が いまはせつないけど


そっと 背中がわから

目かくしをしたら きみはきっと ゆるしてくれるね

沈黙を ごまかすための 無邪気さだ、

それ以上は たずねないでほしい


やさしいクリームみたいだね

乾いた唇 なめらかに

それでも言葉で すべてを伝えられない


ちょっと 背のびしてみよう

今より大きな 愛情で つつんであげよう

通りすぎる ショウウインドウに

うつった僕の顔が いまはせつなくても


ちょっと 背のびしてごらん

クリームみたいな やさしさを プレゼントしよう

大きすぎる、箱がひらくとき あきれて笑うくらいに

楽しませていたい

提供: うたまっぷ