歌詞

響き合うぼくらの呼び声

HARCO

作詞
青木慶則
作曲
青木慶則

コスモスの道を駅まで歩いた

去り行く季節の歌を聴きながら


汗ばむ背中で受け止めた声に

僕はちっとも気付かずに鼻を鳴らした


誰かの手が はずす僕のイヤフォン

振り向けばそこに 得意げな君の顔


響き合うぼくらの呼び声に

重なり始めた街のざわめく音


思い付く言葉をつないでは

君の声を聴きながら、胸に手を当てる


バイパスを越えて届く風よりも

ぼくらの話が途切れないように


大きな身振りで黄昏を隠す

だけどちょっぴり空回り 肩を落とした


駅の方から 押しよせた人波に

飲み込まれながら 腕を伸ばした二人


響き合うぼくらの呼び声を

遮りつづける列車や車の音


言いかけた言葉を乗せながら

イヤフォンの奥ではずっと歌が流れてた


思い付く言葉をつないでは

君の声を聴きながら、胸に手を当てる


響き合うぼくらの呼び声…

提供: うたまっぷ