歌詞

CALLIN

槇原敬之

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

君を抱きしめた強さ

確かめさせる証拠の

つぶれたタバコを

内ポケットから出して

"今ついたよ"と変わらない

でも少し淋しい感じの

君の声きくのを

電話の前でまっている


全ての気持ちを僕に

ぶつける

そんなうれしい迷惑を

ずっと 僕にかけて


会うといつでも言えない言葉

ラインにたくしてる

"とても好きだよ"

二人の距離を幸せにかえる

ベルが今日も鳴るように


ドアの向こうで呼んでる

ベルにせかされた片足が

くつをはいたままで

部屋にかけ込んだよ 何度も

君の前じゃ いつでも

クールにふるまっているから

そんな僕のことを

きっと 君は知らないね…


二人で 今は全てわけあえるけど

一人で いた頃の辛かった日々は

ずっと 忘れない


じゃあねとうまく言えない夜は

切り出す勇気が

切なくて いいね

二人の時を幸せに変える

ベルがいつも鳴るように


会うといつでも言えない言葉

ラインにたくしてる

"とても好きだよ"

二人の距離を幸せにかえる

ベルが今日も鳴るように

提供: うたまっぷ