歌詞

中央線

宮沢和史

作詞
宮沢和史
作曲
宮沢和史

君の家のほうに 流れ星が落ちた

僕はハミガキやめて 電車に飛び乗る

今頃君は 流れ星くだいて

湯舟に浮かべて 僕を待ってる


走り出せ 中央線

夜を越え 僕を乗せて


逃げ出した猫を 探しに出たまま

もう二度と君は 帰ってこなかった

今頃君は どこか居心地のいい

町を見つけて 猫と暮らしているんだね


走り出せ 中央線

夜を越え 僕を乗せて

提供: うたまっぷ