歌詞

wing area

悟空(保志総一朗)

作詞
Naomi Kosaka
作曲
Koji Ueno

心の中でいつも叫び続けていた

叫べる名前なんて持たないまンまで

どれだけ手を伸ばしても届かないモノは

何も知らなければ 欲しくはないのに


幾つもの時間(とき)幾つもの季節が

勝手に終わり始まっている

遠い所をただ過ぎて行くのを

同じ場所で見ていた


翼は汚れてるままで

広げることも忘れていた

まだ気持ちが重すぎたあの日

翼は汚れるままで

擦り傷だらけのカラダでも

思いを全部(すべて)ぶち込めるなら

遠くへ飛べるさ


誰かを求める度に一人だと知った

静かな寂しさが堪らなく痛い


幾つもの夜 幾つもの夜明けが

影の長さを変えてくけど

空の広さや 沈む夕陽さえも

どこに行くか見えない


翼は汚れてるままで

蹲ってばかりいたんだ

また痛みが足許を掴む

翼は汚れてるままで

それでもいいと思えたなら

きっと自由にいつまでだって

遠くへ飛べるさ


幾つもの時間(とき)幾つもの季節が

勝手に終わり始まっている

遠い所をただ過ぎて行くのを

同じ場所で見ていた


翼は汚れてるままで

広げることも忘れていた

まだ気持ちが重すぎたあの日

翼は汚れるままで

擦り傷だらけのカラダでも

思いを全部(すべて)ぶち込めるなら

遠くへ飛べるさ

提供: うたまっぷ