歌詞

梨の花

NICO Touches the Walls

作詞
Tatsuya Mitsumura
作曲
Tatsuya Mitsumura

愛しても 愛しても

君は枯れない 梨の花


田舎電車に揺られた頃は 季節さえ寝過ごした

泣いたり笑ったりもないが故


僕は野に咲くトウバナだから 日なたに浮かぶ君を

見て見ぬ振りするのがやっとだぜ


君の横顔に赤らむ毎日が ふと甦る帰り道


愛しても 愛しても

君は枯れない 梨の花

どうしても どうしても

手の届かない春を


僕にも 君にも


いつも最初の角を曲がれば姿を消した君は

突拍子もないことばっかして


両手ポッケですました僕は下手な口笛吹いて

しわくちゃの素顔を誤魔化して


その手を伸ばせば触れられたはずなのに また消してしまうんだな


愛しても 愛しても

君は枯れない 梨の花

どうしても どうしても

手の届かない春よ 想いよ


君に届け


かすむはずない真っ白の花は今年も咲いてた

僕の何もかもを奪っても平気な顔してる


愛しても 愛しても

君は枯れない 梨の花

どうしても どうしても

手の届かない 梨の花


愛しても 愛しても

君は枯れない 梨の花

どうしても どうしても

手の届かない


あの日の想いは枯れない

提供: うたまっぷ