歌詞

おいてきぼり

古井戸

作詞
仲井戸麗市
作曲
仲井戸麗市

からっ風 大きく 春一番 街はまた模様変え

癪の種は 右に左に 僕は また腹立てる

君がもどったと喜べば そらみたまた他人の空似

夢見心地で見た夢じゃ このまま 夢のまま


とけ込めないのか とけ込まないのか

僕はまだ生活をみつけられない

ゆるせないのか ゆるさないのか

流れる 流される


とんぼ返しの街と部屋 したい放題すれ違う

家には戻れない 恥はかけない

意地ばかりの 意気地無し

情け知らずで 縁切られ

受けた恩を 仇返す

損得ぬきでは つながれません

絆はとうに切れてます


とけ込めないのか とけ込まないのか

僕はまだ生活をみつけられない

ゆるせないのか ゆるさないのか

流れる 流される


からっ風 大きく 春一番 街はまた模様変え

提供: うたまっぷ