歌詞

傘がさしたいだけ

磯貝サイモン

作詞
磯貝サイモン
作曲
磯貝サイモン

1ヶ月ぶりに互いの予定を合わせて

むりやりでも 楽しけりゃいいと思った


どんより雲はまるで嫌味のよう

後ろのほうからゆっくりつけてくる


やっぱりちょっとぎこちない空気を飲みこむよ

勝手に思いつめては空にらんで歩いている


雨を待っているのは

話そらしたいだけ

ああ 少しでいいから時間よ止まれ

赤に変わる信号 鼓動が高まる


すぐに機嫌直してはしゃいでる姿が

横で見てた浮かれない僕にうつる


結局ふたりにとって必要なものってなんだろう

答え知りたがるけど 知らない方がいいこともある


雨を待っているのは

話そらしたいだけ

君は妙に無口な僕を嫌がる

だけど本当は 傘がさしたいだけ


突然 僕の名を呼ぶ君

見上げたら降り出した

そして君は 小さな傘をさしだしたんだ

その先は僕次第かな


どしゃ降りの交差点で

今は君とふたり

忘れかけてたもの 取り戻さなきゃ

青に変わる信号 鼓動が高まる

提供: うたまっぷ