歌詞

知らない空

田中理恵

作詞
高橋舞
作曲
高橋舞

笑い声はるかに うすぐもり空の下

いつもの帰り道 同じ歌くちずさんだ


繋いだ指は ほどかれることなく

誰もが信じていた 緩やかな道のり

時が止まることを あんなにも

願っていた・・・


夏が来て 秋が来て 冬が来て

そして春が来て

幾度となくそれを繰り返してたね

いつだって隣にはあなたがいて

その横で私は笑っていた


二人で居るのがもう 切なくて苦しくて

すれ違う明日に 目を伏せて振り返った


すべてが消えゆくはずもないけれど

残した足跡に ただ背を向けながら

時が戻らないなら なにもかも

置いて行くわ・・・


恋をして 夢を見て 涙さえ懐かしいままに

壊れてゆく気持ちも 止められなくて

けれどまた「今度こそ」そう思って

信じて行くのでしょう

・・・ひとを 私を


夏が来て 秋が来て 冬が来て

そして春が来て

幾度となくそれを繰り返してたね

今頃は見たこともない 空の下で

暮らしてるでしょう

どこまでもつづく 空を見ている

提供: うたまっぷ