歌詞

Cry

タイナカサチ

作詞
タイナカサチ
作曲
タイナカサチ

駅の近くのカフェで一人 時間つぶしに本を読む

苦いコーヒーすすりながら

背中をちょっとつままれて 振り向いた私の後ろ

「偶然だね。」彼が笑う


好きになっちゃいけないんだと

何度言い聞かせても

優しくされるたびあふれ出す

止められないよ想い


もう少し早くに出会ってたかった

彼女を知らない頃のあなたに

悪気ない笑顔 息苦しくなる

ここから一秒でも早く帰りたい

もう少し早くに出会っていたなら

好きって言葉で伝えられたかな

手をつなぐ二人 後ろ姿追う

私の心はどこへいくんだろう Cry


思い出すだけで胸が痛い 忘れようとしても離れない

幸せそうな顔の二人

もうあのカフェには行かない 苦いコーヒーは好きだけど

もう一度話せる自信がない


夕立が激しく降る季節

傘貸してくれたことも

一度だけ二人で見た映画も

いつか過去になるかな


あと少し勝手に好きでいさせてね

誰にも言わないと誓うよ

悪気ない笑顔 嫌いになれない

私だって愛されたいと思うけど

あと少し勝手に好きでいるから

いつか自然に話せる時まで

これでいいんだね 好きなあの人の

幸せを願う 初めて思った Cry


もう少し早くに出会ってたかった

彼女を知らない頃のあなたに

悪気ない笑顔 息苦しくなる

ここから一秒でも早く帰りたい

もう少し早くに出会っていたなら

好きって言葉で伝えられたかな

手をつなぐ二人 後ろ姿追う

私の心はどこへいくんだろう

私の心はどこへいくんだろう Cry

提供: うたまっぷ