歌詞

幸せのため息

牧野由依

作詞
牧野由依
作曲
牧野由依

「ねえ、強がりは可愛くない」キミにいつも言われるけれど

まだ、素直になりきれてなくて きつい言葉で傷つけてばかり


寂しくなった時は キミに触れていたい

会いたい気持ちだけが先走って 届かない


もっとキミを好きになりたい

見え透いた嘘さえ心地よく思えるの

理想と現実の差は 大した事じゃないのかもね


ねえ、キミはロマンチストで自分を大きく見せたがるけれど

そう、ホントは私と同じで 言葉足らずで誤解を招く


優しく髪をなでる 細く長い指も

甘くささやく声も 放したくない ずっと…


キミの背中に頬よせた

この一瞬さえ大事にしたいから

Um…今にも溶けちゃいそうな白い雪がひらりと落ちた


もっとキミを好きになりたい

不確かな恋でも一緒にいたい だけど

理想と現実の差に ふとため息出ちゃうのかもね

提供: うたまっぷ