歌詞

color as beginning

hal

作詞
hal
作曲
大橋伸行

薄く差し込んだ 午後の光

夜明けまで君と話しこんだ

白く溶けだした独り言は

窓のすき間からくぐりぬけた


君の引くロープでそっと逃げだせたらいい


古いポストをすりぬけて

はしゃいだ会話 残してく

振り向いた溜め息の果て

いつも膝をかかえてた思い出


風が駆けぬけた 夏の時間

壁の向こう側 意地悪した

見慣れたはずだった 街並さえ

淡く音たてて見送ってた


暑い真夏の空きっと赤く落ちてゆく


君のギターを弾きながら

いつかの言葉思い出す

捕まえた季節の唄は

焼けすぎた砂の上で消えてく


君のギターを弾きながら

いつかの言葉思い出す

捕まえた季節の唄は

焼けすぎた砂の上で消えてく

焼けすぎた砂の上で君と消えてく

提供: うたまっぷ