歌詞

Voice

信近エリ

作詞
Eri Nobuchika
作曲
Shinichi Osawa

繰り返す静けさ 広がる影に

明けてゆく眩しさを忘れていた

数えきれないほど 弱さを抱いて

まだ笑えると胸を押さえてた


せめぎあう人並み 冷めた吐息に

繋ぐ手の温もりをなくしていた

数えきれないほど 悲しみ抱いて

まだ分かり合えてると信じてた


乾いた記憶さえぎるように 消えていった言葉

僅かに残る祈りのあと 照らしだす感情

伝えきれなくても 覚えておきたい

その時生まれた想いを


溢れた真実だけを頼りに遠くへと歩んでいけたなら

ずっと心の声に耳を澄ましてここから進んでいけたら

もっと瞼を濡らして叫ぶその声に気づいていけたなら

きっと淀んで見えていた世界は幻のように

彩りを増していく


彷徨った切なさ 止まった足は

安らげる優しさを求めていた

冷たい雨にさえ 慣れたふりして

暖かな風ずっと探してた


答えを出そうとするほどに 揺れ動いた心

眠れず過ごした毎日を 映しだす瞳

伝えきれなくても 失いたくない

その時生まれた想いを


溢れた真実だけを頼りに遠くへと歩んでいけたなら

ずっと心の声に耳を澄ましてここから進んでいけたら

もっと瞼を濡らして叫ぶその声に気づいていけたなら

ずっと重ね続けた嘘で見失った声取り戻せたなら

もっとありのまま響く想いにすべてを預けていけたなら

きっと淀んで見えていた世界は幻のように

彩りを増していく

提供: うたまっぷ