歌詞

大阪で生まれた男

間寛平

作詞
PANTA
作曲
PANTA

東京へ行くんか それもええやろ

グラスの氷を 指で回しながら

おまえに贈る 言葉もなく

ただ胸の中で 叫んでた


大阪で生まれた 男なんやから

なんで好きやと 言えんのや

大阪で生まれた 男なんやから

出てくる涙は よう拭かん


店を出て歩く 心斎橋の

街の明かりが かすんできた


明日になったら ホームの上で

手を振るおまえを 見送ってるんやろ

そやけどな 忘れんでいてくれや

おまえを愛した 阿呆がおったこと


大阪で生まれた 男なんやから

なんで引き止められんのや

大阪で生まれた 男なんやから

格好つけたって 始まらん


大阪は涙と 笑いの似合う街

それを忘れたらあかんで


大阪で生まれた 男なんやから

なんで好きやと 言えんのや

大阪で生まれた 男なんやから

なんで抱きしめて やれんのや


終わりはあかん 終わりにしたら

人情が街で 弾けてた

提供: うたまっぷ