歌詞

インディゴ

ランクヘッド

作詞
小高芳太朗
作曲
小高芳太朗

世界中の青を集めて重ねたみたいな宵の空

溶け出した夜の匂いに思わず僕はくしゃみをした


270の煙が苦味ばしって

舌の奥のほうで痺れている

鉄塔の電線が切りとった空の東側

泳ぐように飛ぶ鳥の影


あんな風に空を飛びたいなあ

人が羨むような生活がしたい


途切れたいつかの夢や あきらめ続けた色々や

それを繕う言い訳を重ねたみたいな夜の闇


汚れのない心を

汚れのない体を

いつのまに僕はこんなになった

どんな傷も明日消えていたらいいなあ


世界中の青を集めて重ねたみたいな明けの空

名残惜しそうに漂う幻みたいな白い月

お伽の国のような街 夢から覚めるにはまだ早い

溶け残る夜の匂いに思わず僕はくしゃみをした

提供: うたまっぷ