歌詞

BJ

関ジャニ∞

作詞
HIKARI
作曲
HIKARI

手を振りいつもの人と別れ

静かな電車に揺られ

思い描いてた場所を遠く眺め走る


旅立った日から今日まで

ふと振り返れば やけに眩しいけど

いつものことさ


白い息が街灯に溶けた

刹那に消えゆく感情にも似てた

少し可笑しくて


手にした物は少なくない

のに いつも何かが足りない

そうやって同じように

1年前にも思っていたっけ

風に吹かれて僕ら

どこへ向かってるのかな

形のない思いを抱いて眠るよ


時間は絶えず僕らに逆らい

でも ときに僕らに従い

心だけ ただ置き去りにして行くようで


君に言えなかった言葉

不意に胸の奥で

眠たそうに絡まって消えた


永遠の意味さえ曖昧な僕ら

だからこそ今 抱きしめていたい

こんな気分だって


余計なスピードは要らない

唄うような速度で構わない

確かめて行くんだ

僕という未来をこの足で

不似合いなストーリーを語らい

可能性にすがるのも違う

ドアを開けるさ ただ自分の手で


引き裂いた夢から溢れ出たのは

どんな嘘だったろう (まだ掴めねど)

その傷の全てが

(Yes, 多分)

優しさに変わる 告げよう

(There's nothing to be wrong for you)

あの頃の僕に


素晴らしい今日よ さよなら

独りそっと呟けば

かすかな光が

ほら 繰り返す夜の向こうに

風に吹かれて僕ら

どこにだって行けるさ

形のない思いを明日に放つよ

(There's nothing to be wrong for me)

提供: うたまっぷ