歌詞

一青窈

作詞
一青窈
作曲
武部聡志

途方に暮れたのは黄昏どきで

空は山まで溶け合って何処か哀しくなる

ふいに君がくれし道の標も見えなくなって

瞼閉じた後、花に聞く僕

君の耳には 辿りつけたら どんな言葉 今は開く

遠回りして いつの間にやら幸せ、と 栞はさんだ僕


風に続き頁めくられたって

悪い気なんかしないのにね

君は先へ急ぐ

君の耳には 辿り着くなら どんな言葉 今は開く

一回りして 去った季節の数だけを 栞はさんだ君


桜散る夕立にせかされ ひとりよがりだった僕、の想いが はらはらと零れ舞う


君の耳には 僕の耳には 思い当たる言葉ひらく

遠回りして いつの間にやら幸せ、と栞はさんだ春


round table


新しく見える時

それはあなたの知らない世界を誰かが語った時

さあ 出掛けよう

勉強がしたくなる部屋

命がけのお風呂

あなたの指と指のあいだ

じょうろから注がれる星屑に

私が聞き初む


夜はあなた

提供: うたまっぷ