歌詞

花飛沫

氷上恭子

作詞
ひかみきょうこ
作曲
伊藤信雄

ガラスの花びんに銀の花 さしましょう

言いかけた何か 飲み込むあなた


その眼鏡越し 上目遣いに

盗み見をしているのは 麦わら帽子で見ないふり


遠い場所で そっと生まれたあの風

寄せて返す波を作る

そんな花びらを散らしたみたいな

水のしぶき 捕まえてあげる


窓辺にもたれて カーテンを揺らせば

あなたはわざとね こっちを見ない


けんかをしたり 憎み合ったり

例えばね そんなことが

これからもしも あったとしても


こんなふうに そう 黙っててもいい

忘れたふりで許し合おう

そして出来るだけお互いのために

とびっきりの微笑みをあげる

提供: うたまっぷ