歌詞

Across My Tears

氷上恭子

作詞
渡辺なつみ
作曲
伊藤信雄

読みかけの小説をめくる風の音がした

窓の向こう側 始まる夜明け

背筋伸ばして 小さくため息ついた

こぼれた涙 悲しみたちが そっと眠る


きっといつかすべてが 想い出のフィルムになるでしょう

Tears 今はぼんやり 葡萄色の空を見てる

ずっとこうしていよう 時は変わらずに過ぎるから

目覚めるたびに 未来の扉が ゆっくり開くまで


歩道橋夢中で 仲間たちと話してた

無邪気過ぎたそう 素顔のあの日

ふいに心が きゅんと切なく震える

振り向くことも 今日の私も風に乗せて


もっと・・・そんな気持ちが 静かにページをめくるでしょう

Tears 眠くなるまで 時の海を滑るように

ずっとこうしていよう 朝焼けに浮かぶ船に乗り

瞳を閉じて 時間の波間を スローに越えて行く


きっといつかすべてが 想い出のフィルムになるでしょう

Tears 今はぼんやり 葡萄色の空を見てる

ずっとこうしていよう 時は変わらずに過ぎるから

目覚めるたびに 未来の扉が ゆっくり開くまで


目覚めるたびに 未来の扉が ゆっくり開くまで

提供: うたまっぷ