歌詞

白い足跡

Plastic Tree

作詞
長谷川正
作曲
長谷川正

窓辺にはため息でガラスを曇らせた君

ひんやりと時間だけ部屋に流れて

すまし顔冬の夜白くやさしい雪は降る

悲しみは美しくこころに積もった


騒いだ胸の意味さえ忘れてゆくから

淋しく笑う横顔ぼんやり見つめた


月も無い夜だけど光は消えたりしないね

深い森迷い込む足元照らすよ

すまし顔冬の夜白くやさしい雪は降る

知り過ぎた僕達を許してくように


振り向いても足跡はもう見えないから

帰り道が分からないこのまま消えそうで


ポケットに滑りこむ君の手は温かくて

何一つ変わらずにいて欲しい気がした


騒いだ胸の意味さえ忘れてゆくから

淋しく笑う横顔見つめた

振り向いても足跡はもう見えないから

戻れなくなる僕らはこのまま消えそうで

提供: うたまっぷ