歌詞

エンジェルダスト

Plastic Tree

作詞
竜太朗
作曲
Tadashi

そして広場には 独り 僕が居て

ブリキで出来た固い馬車に 乗り遅れたら

風はいつもより 気持ちよく刺さり

痛みは僕の骨に 冷たさを残しては 消える


植え付けた種は いつか芽を出して

指の痙攣は それまでは止まらない

みんなが嫌う 僕の最低な顔で

素敵な昼下がり 白黒の中 歩こう


いつまでも淡い闇に手をのばす 少し冷たい


光の粒で無邪気になる子供達は 僕を笑う

消毒された醜い僕を地下室まで


連れてゆくよ

連れてゆくよ

音もなく

提供: うたまっぷ