歌詞

存在理由

Plastic Tree

作詞
Ryutaro
作曲
Ryutaro

こうしてうすいカーテンのうしろに立って居るんです

それが僕の顔がぼんやり見えてる理由です


歪んだ僕の顔に君はキスをしてくれるかな?


外が揺らいでみえる窓は水族館の窓のようです

部屋を出ない僕は点滅する照明のひとつです


歪んだ僕の顔に君はキスをしてくれるかな?

それがこわくて僕は薬をかんでフラフラ

フラフラ


パパが死んで ママが死んで 君もいつか居なくなるから

僕はずっと ここでずっと座ったまんま壊れてく


それでもちゃんと僕はいろんな事が見えているんです


歪んだ僕の顔にはキスをしてくれるかな?

それがこわくて僕は薬を噛んでフラフラ

フラフラ

フラフラァ

フラフラァァァ

ア――――――――。

提供: うたまっぷ