歌詞

一本刀土俵入り

三波春夫

作詞
藤田まさと
作曲
春川一夫

千両万両 積んだとて

銭(ぜに)じゃ買えない 人ごころ

受けた情の 数々に

上州子鴉 泣いて居ります

泣いて居ります この通り


「わしゃア姐さんのようないい人に、

めぐり逢ったのは初めてだ、

はい、はい、きっと成ります。

横綱になった姿を姐さんに見て貰います。

そしてなア、わしゃ、死んだおっ母さんの御墓の前で

立派な土俵入りがしたい……。」


野暮な浮世の 裏表

教えこまれて 一昔

夢でござんす なにもかも

角力(すもう)修行も 今じゃ日蔭の

今じゃ日蔭の 三度笠


「角力にゃなれず、やくざになって尋ねて見りゃこの始末。

さァ、姐さん、この金持って、早くお行きなせえまし。

飛ぶにゃぁ今が潮時だ。後はあっしが引受けました。

さァ、早く早く行きなさいまし。

あっ、もし、お蔦さん、親子三人、

何時までも仲良く御暮らしなさんせ。

十年前に櫛、笄(こうがい)、巾着ぐるみ、

意見を貰った姐はんへ、せめて見て貰う駒形の

しがねぇ姿の土俵入りでござんす。」


御恩返しの 真似ごとは

取手(とって)宿場の 仁義沙汰

御覧下され お蔦さん

せめて茂兵衛の 花の手数(でず)入りの

花の手数入り 土俵入り

提供: うたまっぷ