歌詞

ETERNAL BLAZE

石田燿子

作詞
水樹奈々
作曲
上松範康

遥か天空(そら)響いている 祈りは奇跡に


黒天-真夜中-の蒼に溶けて流れてく涙の粒

迷いなく包み込む温もりに出逢った

真っ白な雪のようにどこまでも素直なコトバ

鉄の羽根纏った 僕を動かしてく


傷つくたびに 優しくなれる

君のその笑顔だけ守り抜きたい

願いはひとつ


時空(とき)を越え刻まれた悲しみの記憶

まっすぐに受け止める君は光の女神(てんし)

あの日胸に灯った永遠の炎

深い闇解き放って 自由のトビラ開いてく

強く果てない未来へ


冷たい緑の月に映し出すココロの夜(かげ)

淋し気に呟いた『君のそばにいたい』

真実と向き合うこと教えてくれた勇気は

僕を駆け巡って希望(ゆめ)に目覚めていく


触れ合う気持ち 離れないように

しっかりと抱きしめて

確かな想い貫いてゆく


銀の海に隠した空白のページ

君だけが知っている『本当』を僕に見せて

吹き荒れる切なさに生まれゆく誓い

もう何も恐くはないよ結んだ視線そらさずに

大切な『今』始める


君が君でいられる場所

悪夢-まぼろし-にさらわれぬように

消えない雨の苦しみも

鍵を壊してぶつけてよ 隣にいるから

すべてを信じて


時空を越え刻まれた悲しみの記憶

まっすぐに受け止める君は光の女神(てんし)

あの日胸に灯った永遠の炎

深い闇解き放って 自由のトビラ開いてく

強く果てない未来へ


そう、きっとここから始まる・・・

提供: うたまっぷ