歌詞

願い

石田燿子

作詞
石田燿子
作曲
多田彰文

ある日 目覚めたら

あたりまえのように 一日が始まっている

あくびをする 寝ぼけたあなたの顔


穏やかな毎日さえ 奇跡だと思えるから

ここがわたしの心帰る場所 いつでも


願いはたったひとつ

同じ夢 追いかけて どこまでも

想う気持ちが力をくれる

明日またしあわせであるように


歩き疲れたら 一緒にひと休みしてくれる

降り出す雨も なんかうれしい

照れてるあなたの顔


喜びもツライことも ふたりなら半分づつ

未来の空に 雨上がりの風 吹いてる


願いはたったひとつ

水鏡 映る光あつめて

なりたい自分 なれる気がする

明日また想い届きますように


願いはたったひとつ

同じ夢 追いかけて どこまでも

願いはたったひとつ

水鏡 映る光あつめて


想う気持ちが力をくれる

明日またしあわせであるように

提供: うたまっぷ