歌詞

sharing sweet time

石田燿子

作詞
石田燿子
作曲
崎谷健次郎

よく晴れた朝のビーチには 乾いた風と青い空

計画通りにいけば 午後は二人でドライブ


少しだけ日に灼けた顔に かけたサングラスが似合う

白い砂の上歩く 波がちょっぴり出てきたね


海を見ていたら 気持ちがほぐれて

なんでも話せる気がする


不思議ね 笑顔があふれてる

あたたかい手に触れるたびに あなたの温度を感じてる

二人の距離が近付いたら 今日は素直に伝えてみよう

大好きな あなたへ


丘の上まで行ってみよう 流れの早い雲見上げ

ハンドルにぎる横顔 通り過ぎてくヤシの木


同じ景色に胸おどらせ

スコールのあとにかかった 2重の虹が二人の時間(とき)を止めてくれたらいいな


貸しきりになった 展望台には

寄り添う二人だけがいて


不思議ね 鼓動が聞こえそう

目と目が合ったその瞬間 あなたの温度が伝わって

海から吹く風におされて

「愛してる」たった一言だけ

ねえ聞いてた?sharing sweet time


不思議ね 笑顔があふれてる

あたたかい手に触れるたびに あなたの温度を感じてる

二人の距離が近付いたら 今日は素直に伝えてみよう

大好きな あなたへ

提供: うたまっぷ