歌詞

いっぽんどっこの唄

水前寺清子

作詞
星野哲郎
作曲
安藤実親

ぼろは着てても こころの錦

どんな花より きれいだぜ

若いときゃ 二度とない

どんとやれ 男なら

人のやれない ことをやれ


涙かくして 男が笑う

それがあの娘にゃ わからない

恋だなんて そんなもの

いいじゃないか 男なら

なげた笑顔を みておくれ


何にはなくても 根性だけは

俺の自慢の ひとつだぜ

春が来りゃ 夢の木に

花が咲く 男なら

行くぜこの道 どこまでも

提供: うたまっぷ