歌詞

elekto

eufonius

作詞
riya
作曲
菊地創

ひとりぼっちで流れてく星

吐く息も白く舞い上がる

消えてしまいそうな夜


凍る空気が手を握ったら

心を閉じ込めてしまうから

願わなくたっていい


酷く泣き明かしたら

世界は動いて行くのか

弾けそうな泡にこの声を乗せれば

君の上にも降り注ぐ


君の小さな目と唇が

三日月になって向かい合い

また泣きたくなった


ねえ 聞いて

静かにして聞いていて

ほら 運命がドアを叩いている


この窓辺から飛び立つ日まで

傷跡は 闇を照らすように

身体の奥で眠る


僕はこれから君に

どれ程たくさんの輝くものたちを

あげる事が出来るかな


痛みで壊せるなら

光で満たせるなら

提供: うたまっぷ