歌詞

message

ナイトメア

作詞
RUKA
作曲
RUKA

冷たい冬の風に乗り

告げられた友の現在

聴きなれた あの声が

聞こえた気がした


見慣れたはずの町並みに

忘れてた 僕がいた

キラキラと笑ってる

幼い僕達がいた


傷つき 失くすことに慣れ

輝きは消え失せた

あの頃の まっすぐな

僕はもういない


僕達が夢に見た この街が いつからか 無意味に思えた

ありきたりなあの日々に

もう一度逢いたい


いつまでも離れたくないと

思い合えた友がいた

まためぐり合えたら

無邪気に笑えるように


時が過ぎ忘れてしまった

キミがくれた 宝物

空に映るキミが

泣いてる気がした


冷たい冬の風に乗り

告げられた友の現在

聴きなれた あの歌が

微かに聞こえた


傷つけ 憎むことにさえ

心は痛まない

あの頃の まっすぐな

僕はもういない


いつまでも離れたくないと

思い合えた友がいた

まためぐり合えたら

無邪気に笑えるように


時が過ぎ忘れてしまった

キミがくれた 宝物

空に映るキミが

泣いてる気がした


今でも残る胸のキズ

空に映るキミを

悲しませぬように


投げ捨てた過去を抱いて

時計は動き出す

提供: うたまっぷ