歌詞

春が通り過ぎる

竹井詩織里

作詞
竹井詩織里
作曲
竹井詩織里

恋しさを堪えて幻想(ゆめ)が消えるの待った

春風は君の匂いを運んでいる


追い出そうとする度に

思い出してしまうのは何故?

あなたはすぐ忘れてしまうでしょう

きっと それでも


あなたが笑うのを私はいつまでも

近くで見ていられればよかったのに

ちっぽけな願いはいつしか膨らんで

この胸に収まりきれなくって

壊してしまった


窓際の花びら ふわりと空へ消えた

気まぐれな恋なら あんな風に飛べたのに


朝がくれば違う私

もう何度も言い聞かせた

あなたはもう私の知らない人

きっと それでも


始まりもなければ終わることも無い

そんな恋はあまりにも苦くして

何かを壊しても構わないと思った

その胸にずっと飛びこみたかった

強く抱きしめて


あなたが笑う度 私も同じように

笑って答えたかっただけなのに

春が通り過ぎる

提供: うたまっぷ