歌詞

式日

ACIDMAN

作詞
大木伸夫
作曲
ACIDMAN

消えてゆく 太陽も 肺も 歌も

生まれてゆく 光も 愛も 音も


美しい覚悟 僕らは気づかずに

星に時計を見た 密やかな魔法


雪が降り世界を満たす夜は あのメロディー

まだ抱えていたまま

離さないで 小さなダイヤモンドが

輝く今日は美しいと思うんだ 今


あれは春という鮮やかな光

悲しみを溶かし また出会えるように

今は遠すぎる 互いの日々も

溶け合って行くだろう

そのままの声で


遠回りで失うこともあるだろう

戻れずに崩れる夜もあるだろう

そのままで その声を聞くから


あれは太陽が目指した祈り

悲しみを溶かし また手をたたいて


遥か遠く 遠い星に

満たされた世界は在って

風のような 祈りのような

未来のような 光が降るから


あれは春という鮮やかな光

悲しみを溶かし また出会えるように

今は遠すぎる 互いの日々も

溶け合って行くだろう

そのままの声で


世界が終わってすべてが消えて

それでも僕ら繋がっているだろう

そうやって思える 今日の光を

繋いでゆく 今日の日を

提供: うたまっぷ