歌詞

君に吹く風

下川みくに

作詞
何茶李
作曲
Sin

走りだす瞬間 坂道で風になる

焼きつけた陽射しが 胸の奥熱くした


Ah- 君に近づいて 行くたび早くなる

時を駈ける 始まりの予感させる眼差しが好き


小さな愛でいい いつも側で あたり前の時間

今日出来ることは こんな風に 何気ないことで

君が振り向くように短く切った髪がゆれて

また一つ増える笑い声 空に響いていく


優しさに甘えて 少しだけ傷ついた

移りゆく季節に また二人結ばれる


Ah- こんな瞬間を シアワセと呼べたら

見つめあってこの街で 出会えた奇跡を感じてる


遠回りして帰ろう 君ともう少し歩きたい

何もない日こそ 側にいて 風になれたら

雲の切れ間に届きそうだね 同じ空を見上げ

その瞳に映した明日も こうして過ごしたい


Ah- 今日も手のひらに のるようなヨロコビが

あふれるから"ありがとう" 優しくなりたい 君のため


小さな愛でいい いつも側で あたり前の時間

今日出来ることは こんな風に 何気ないことで

君が振り向くように短く切った髪がゆれて

また一つ増える笑い声 空に響いていく

提供: うたまっぷ