歌詞

月花

陰陽座

作詞
黒猫
作曲
招鬼

風に烟(けぶ)る月の

光に揺らめく

姿を化(け)す花は

水鏡(みずかがみ)に映(うつ)ろう


聘(あと)えど仮初(かりそ)めなら

千代(ちよ)への糸を紡(つむ)ぎ

人ならぬその身を

永久(とわ)に咲けと祈る


唯(ただ) 想いは清(さや)かに肌を染めて

散り初(そ)む命の 定(さだ)めと知る

溢(あふ)るる泪(なみだ)の 雫(しずく)に揺れ

露(つゆ)の恋に 散るひとひら


禁(いさ)めの恋ならば

其(そ)の手に手折(たお)られ

後世(のちせ)に二重(ふたえ)にと

月読(つくよみ)に乞(こ)い願う


躯(むくろ)は満つる闇に

花へと還(かえ)ろうとも

此(こ)の腕を柩(ひつぎ)に

夜を裂いて詠(うた)う


唯(ただ) 想いは清(さや)かに肌を染めて

散り初(そ)む命の 定(さだ)めと知る

溢(あふ)るる泪(なみだ)の 雫(しずく)に揺れ

露(つゆ)の恋に 散るひとひら


唯(ただ) 想いは清(さや)かに肌を染めて

散り初(そ)む命の 定(さだ)めと知る

溢(あふ)るる泪(なみだ)の 雫(しずく)に揺れ

露(つゆ)の恋に 焦(こ)がれ消ゆるとも


弓張(ゆみはり)の月が 円(まろ)む様に

散り逝(ゆ)く命が廻(めぐ)るのなら

朝明(あさけ)に水沼(みぬま)の 畔(ほとり)に咲き

巡り逢(あ)える今一度(ひとたび)

提供: うたまっぷ