歌詞

不知火

陰陽座

作詞
瞬火
作曲
瞬火

遥かに 海面(うなも)を臨みて

静かに 瞼(まぶた)を閉じれば 浮かぶ


もう 泣かないで 其(そ)の手離して

眩れ初(そ)む 虚空(そら)に焔(ほむら)が 仄(ほの)めくから


遥かに 前世(ぜんせ)を悔いるも

静かに 現世(げんせ)の熾火(おきび)が 揺れる


そう 言わないで 風に話して

眩(く)れゆく 凪(なぎ)の辺(ほとり)を 見詰(みつ)めた儘(まま)


灯(とも)る 赤く 揺れる

ゆらゆらと 揺らめく


幻(まぼろし)の漁(いさ)り火が 海原(うなばら)を染めてゆく

若(も)しも辿(たど)り着けたら 此(こ)の身を灼(や)いて


灯(とも)る 赤く 揺れる

ゆらゆらと 揺らめく

灯(とも)る 赤く 揺れる

ひらひらと 閃(ひらめ)く

提供: うたまっぷ