歌詞

龍の雲を得る如し

陰陽座

作詞
瞬火
作曲
瞬火

冥雲(くらくも)を 切り裂いて 霹靂(かみとき)が 山池(さんら)を撃ち抜く

穿(うが)たれた 其(そ)の廬(いおり) 軈(やが)て来る 上天(じょうてん)の刻(とき)が


冴え渡る心(うら)に 生命(いのち)よりも 確かな響き

此(こ)の手にそっと 握り締めて放つ 蒼(あお)き瞬(またた)き


叢雨(むらさめ)が 闇を剥(す)く 濡らすのは 熟(いき)れし 万骨(ばんこつ)

點(とも)された 其(そ)の睛(ひとみ) 時は満つ いざ駆けよ大駕(たいが)


澄み渡る天(そら)に 維(い)の血よりも 遥かな兆(きざ)し

此(こ)の手でぐっと 手繰(たぐ)り寄せて放つ 蒼(あお)き赫(かがや)き


刹那(せつな)に昇る 皇(すめ)の魂を 今渾(すべ)ての 輩(はい)に分かて

幾度(いくど) 倒れても 甦(よみがえ)る為(ため)に


澄み渡る天(そら)に 生命(いのち)よりも 幽(かす)かな願い

此(こ)の手にずっと 繋ぎ止めて離す あまき羽撃(はばた)き


刹那(せつな)に昇る 皇(すめ)の魂を 今渾(すべ)ての 輩(はい)に分かて

幾度(いくど) 倒れても 甦(よみがえ)る為(ため)に


刹那(せつな)に染める 神鳴(かみな)る光よ 今渾(すべ)てを 包み籠(こ)んで

折(おり)しも雨が 其(そ)の泪(なみだ)と成り

渾(すべ)てを 愁(うれ)いて 天(そら)へ

提供: うたまっぷ