歌詞

睡(ねむり)

陰陽座

作詞
瞬火
作曲
瞬火

微睡(まどろみ)と眩暈(めまい)の 騒めきの檻(おり)で

堪え難き 亡状(むじょう)に 浮腫(むく)む我の躯(からだ)


賢(さか)しく無くとも 魯鈍(ろどん)に非(あら)ず

故(ふる)しの寝糸(ねいと)を 怪しみ創めた


嗚呼(ああ) 肱(かいな)の蛆(うじ) 佯(いつわり)を 照らし出して

深い睡りに 食(お)され眩(ま)いて 嫋(たお)やいで


昏冥(こんめい)と夜光に 爛(ただ)れし総身で

掛替(かけが)えぬ 玄孫(やしゃご)を 屠(ほふ)るは 穢(え)の内羅(ないら)


及びで無くとも 烏滸(おこ)には非ず

頑愚(がんぐ)の戯(あじゃら) 過ぐ世(せ)は寂(さび)れた


紅い 血に怖(お)じ 何時の間にか 誰殺(たそ)がれて

深い睡りに 食(お)され眩(ま)いて 嫋(たお)やいで


赫(かがや)き迄 腐(くち)で縅(おど)すの

閃(ひらめく)く其(そ)の目見(まみ)に泛(うか)ぶは 泪


嗚呼(ああ) 肱(かいな)の蛆(うじ) 佯(いつわり)を 照らし出して

深い睡りに 圧(お)されまじと

星を鎖(とざ)した儘(まま)で


沙(すな)の誘いに 堕ちる目方(まえ)に 差し伸べて

邀(むか)ふ醒(めざめ)に 澱(よど)まぬ意志 其(そ)の聲(こえ)を

提供: うたまっぷ