歌詞

夜翔(Night‐Fly)

山下達郎

作詞
山下達郎
作曲
山下達郎

いつか絹の帳が

青く影を落として

ゆれる眼差し

そっと灯を消して


夜に翼拡げて

昇る愛の階

二人だけの世界へ

時の誘うままに


夜の君は素敵さ

白く肩が光って

俯く髪に

そっとくちびる寄せて


風にたゆとう様に

変わらぬ愛の唄を

いつまでも そばにいて

僕に囁きかけて


遠く響くサイレンも

ここまでは届かず

消えて行く・・・・


夜に翼拡げて

昇る愛の階

二人だけの世界へ

時の誘うままに

提供: うたまっぷ