歌詞

桜 陽ーサクラビー

ザ★ボン

作詞
りえ
作曲
りえ

柔らかな匂いをはこぶ風が

頬を撫でてゆくのに

行き場のない手を握りしめるあたしは

あの日のキミを思い出す


指きり交わしたおぼろ月の夜 果たせないまま手放した夢


消えないキミのぬくもりだけが

ため息に混じりこぼれてゆくけど

舞い散るサクラの花びらさえ

ナミダイロに染まってゆく


ちぎれた未来はもう来ないけど あの日と変わらず広がる空


遠ざかるキミのぬくもりが今

春風に代わりあたしを抱きしめるけど

舞い散るサクラの花びらさえ

滲んだ瞳に溶けてゆく


遠ざかるキミのぬくもりが今

春風に代わりあたしを抱きしめるけど

舞い散るサクラの花びらさえ

滲んだ瞳に溶け


華やぐ街でキミを探す事が当たり前になったけれど

キミにとってあたしはただの景色なんだろう

あの日のサクラのように


巡り巡る季節の中 ずっと言えなかった言葉

やっと言えそうな気がするよ


「サヨナラ・・・」

提供: うたまっぷ