歌詞

眠れる森につたわる詩

Snow*

作詞
大竹佑季
作曲
村山☆潤

記憶の向こうに繋がる産声

重なる瞬間は連なって


「眠れる森はひとりで行くよ」

残した言葉 息で束ねても


翳りのない鼓動はずっと

交互になって

リフレインする二つの点

繋がった


いつまでも続いていくループ

またひとり生まれては

またひとり消えていく

その意味が聞こえてくる


翳りのない鼓動はきっと

交互になる

始まりだった二つの点(空も海も大地も風も花も命も)

刻まれていく


「眠れる森はひとりで行くよ」

残した言葉 息で束ねたら

提供: うたまっぷ