歌詞

Alone

下川みくに

作詞
六ツ見純代
作曲
ab:fly

乾いた風が吹く 街は凍えている

いくつの季節が

そっと音もなく 過ぎ去ったのだろう


行き交う人は皆 重い荷物を背負って

遠くに揺れる かげろうの中に

明日を見つける


この手をこぼれ落ちる 砂のような感情

あの時胸に刺さった 言葉がふいに疼くけど


果てしない夜を数えながら

自分の破片探していた

失う程にこの思いが 確かになってく

今なら きっと歩いていける どこまでも


どうしてこの空は こんなに広いのだろう

叫んでみても 声にならなくて 涙があふれた


自由に風切って 鳥たちは何処へ行くの?

過ごした時間のように 同じ場所に戻れない


このまま夢をあきらめても

高鳴る鼓動はおさえきれない

いつかはきっと近付きたい あの雲の高さ…

もう一度 心に翼広げ 旅立とう


必ずたどりつけるはず


果てしない夜を数えながら

自分の破片探していた

失う程にこの思いが 確かになってく

今なら きっと歩いていける どこまでも

提供: うたまっぷ