歌詞

アルタイル

下川みくに

作詞
下川みくに
作曲
松ヶ下宏之

19の頃見てた夏の星座は

あの頃と変わらず 今夜も瞬いてるけど…


いくつの出会いや いくつの別れがあった

でもこんな自分は 想像もつかなかった


いつでも一緒にいてくれた

君の笑顔のおかげで 優しくなれた


7年後の自分 どんなことしてるのかな?

小さな命を この胸に抱いているのかな?


流れ星が夜空を 横切ってゆく

まるで砂時計が 時を刻むみたいに


これから いくつの出会いが

私を待っているのだろう そう思うから


あの頃 形もなかった

夢が私を今でも 支えてるから

提供: うたまっぷ