歌詞

悲しきASIAN BOY

タオルズ

作詞
吉井和哉
作曲
吉井和哉

暁に背を向けて バルコニーで君を待つ

雨にも負けない ニヒルな顔で待ってる

自由を奪われた 悲しき ASIAN BOY

血のにじむような遊びはこれから

少年はつぶやく


「でも桜色の口唇に触れたいのに口唇に」

強い弱さに縛られた

悲しき ASIAN BOY


暁に背を向けて 何色の夢を見る

美意識のジョークは 無意識に牙を立てる

恋人も奪われた 悲しき ASIAN BOY

愛と誠に身を焦がしていた

少年はつぶやく


「でも桜色の口唇に触れたいのに口唇に」

僕は弱さの真中じゃ命は散らせない

「白くちらつく胸元に触れたいのに胸元に」

強い弱さに縛られた悲しき………YES SIR!!


迷える若い兵士は

花を探しさまよう

君と同じ夢を見ていた 少年は叫ぶ


「桜色の口唇に触れたいのに口唇に

僕は強さと引き換えに命は削れない」

ほらうしろで神様が剣をかざして待っている

夢よ飛び散れ花となれ

悲しき ASIAN BOY

提供: うたまっぷ