歌詞

トロイメライ

ナイトメア

作詞
咲人
作曲
咲人

揺れた、窓枠がきりとる灼けた視界。

四角い景色が連れてきた過去の自分。


ただ色褪せゆく追憶に、今足りないものを拾った


痛いくらいに降り頻く太陽の棘。

見上げては手を透かした。

鈍色に輝いた刹の季節に、潤み色の熱は消えた。


あのとき、無駄に背伸びをする自分がいた。


「あと幾とせの夏を越せば大人になれる?」と指を折った。


「真上から見下ろせばすべてが見える、嘘や醜さもすべて。」

太陽がそう語るように思えた。

幼さが可笑しく、笑った。


真昼の月が耳元でそっと囁いた。

この瞬間、今は二度も訪れてくれないと。


大切なこと、大事なもの、拾い集めて、今を生きる。


五月蝿すぎる蝉の音さえも遠くにかすむ。

あの日には戻れない。

わかり切ったそんなことすらも息を吹き返す夜。


痛いくらいに降り頻く太陽の棘。

見上げては手を透かした。

鈍色に輝いた刹の季節に、潤み色の熱は消えた。

提供: うたまっぷ