歌詞

SWEET DANCE

鈴木亜美 joins RAM RIDER

作詞
RAM RIDER
作曲
RAM RIDER

いつか君が星になって 遠く夜空で輝いても

この季節になればきっと 溢れ出すあのメロディー

2ヵ月ぶりの君のオフは せまいこの部屋で

グラス片手に 僕とチークタイム 踊ろう


かすれて消えた 真夜中のコール 臆病な僕は 息を吐く

街を歩けば 君の声 そこら中で 鳴り響く


15分で君と出会う 深めのニットキャップ こぼれる笑顔

ああ このときのために生きてるのかも!


いつか君が星になって 遠く夜空で輝いても

この季節になればきっと 溢れ出すあのメロディー

2ヵ月ぶりの君のオフは せまいこの部屋で

グラス片手に 僕とチークタイム 踊ろう


カーラジオから流れてきた DJのクェスチョン退屈で

お別れのナンバーにあわせて 速攻でメッセージ送信


君が思い出したあの歌 今では僕らの合言葉

「ステージの上からサインを送るよ」 舌だして笑う


いつか君が星になって 遠く夜空で輝いても

この季節になればきっと 溢れ出すあのメロディー

2ヵ月ぶりの君のオフは せまいこの部屋で

グラス片手に 僕とチークタイム 踊ろう


いつか君が星になって 遠く夜空で輝いても

そのときは僕が太陽になって 空を光で包むよ

3年目のこの冬は どこか遊びにゆこう

手をとって踊ろう 僕はブレイクダンス キメるよ!

提供: うたまっぷ