歌詞

Soramimi

杏里

作詞
森雪之丞
作曲
ANRI

きっかけは 些細な事なの

喧嘩して 飛び出したホテル

無理して 休暇を合わせて

珊瑚の島に来たのに


素直になれば

彼もあんな事 言わなかったわ.....

海を 見ていると

小さな自分 嫌いになる


青空を流れる 夏雲の様に

寄せてはまた返す さざ波の様に

ただ迷い続ける それが人だよと

言われて振り向くけど 風が吹くだけ


フリスビーで 遊ぶ子供達

太陽に きらきらと光る

あの頃 果てない未来に

どんな夢見ていたでしょう?


2年も経つと

きらめきばかりが 恋じゃないけど.....

何か 待ち望む

そんな気持ちは 変わらない


砂浜を彩る 貝殻の様に

雨に逆らい飛ぶ 海鳥の様に

夢見ては傷つく それが人生と

聞こえて見上げるけど 風が吹くだけ


青空を流れる 夏雲の様に

寄せてはまた返す さざ波の様に

ただ迷い続ける それが人だよと

言われて振り向くけど 風が吹くだけ


砂浜を彩る 貝殻の様に

雨に逆らい飛ぶ 海鳥の様に

夢見ては傷つく それが人生と

聞こえて見上げるけど 風が吹くだけ

提供: うたまっぷ