歌詞

東京ひとり

真心ブラザーズ

作詞
YO-KING
作曲
YO-KING

たいくつな午後は君に歌を歌って 時をすごす

君はイヤなかおひとつもせず ニコニコ笑ってぼくの歌きいている


窓からみえる青空と 陽ざしをうけて走る少女たち

どうかあの子たちの未来に 楽しいことがあふれますように


風は街をとおりぬけた 東京ひとり 今日もゆれた


まぼろしが運ぶ夕ごはんを ゆっくりかけて たいらげた

はじめて笑ってくれたのは かげろうが首をくすぐったから


波は日々をきれいにした 東京みどり 今日もゆれた


風は街をとおりぬけた ここでずっと生きてきたよ

東京ひとり そっとゆれた

提供: うたまっぷ