歌詞

愛の唄

TRIPLANE

作詞
江畑兵衛
作曲
江畑兵衛

寝不足などは悲鳴として値しない

ボロボロの体で這う

僕ら一般人の叫びに幸を

信じて裏切られ地に落ちゆくモラル

社会へのダメ出し はぁ…


「誰か助けて」ってサインを放っても

シャボン玉のように消える


「金や名誉の為じゃなくみんなの為」

それは綺麗ごと?

でもいつの日か愛の唄が響き渡る

そんな日を願い ラララ…

僕はリスクを顧みず

全力で駆け抜けて行こう

だから今日も歌う愛の唄を

たとえ粘土細工みたいに脆くても


傷跡などは誰もが持つモニュメント

一つずつ意味を成す

さあとんだイージーミスもプラスに変えて

信じる事は辞めたくもないけど

世間も政治家も あぁ…


良識の無い若い阿呆と

欲にまみれた年配者に告げる


自分ばっかりが幸せ

そんな事で本当の笑顔?

でもいつの日か愛の唄が響き渡る

そんな日を願い ラララ…

僕はリスクを顧みず

全力で駆け抜けて行こう

だから今日も歌う愛の唄を

風の前の灯みたいに儚くても


愛…


金や名誉の為じゃない

このマニュフェストは綺麗ごと?

でもいつの日か愛の唄が響き渡る

そんな日を願い ラララ…

僕はリスクを顧みず

全力で駆け抜けて行こう

だから今日も歌う愛の唄を

たとえ粘土細工みたいに脆くても

決して揺るがない強い心で

提供: うたまっぷ