歌詞

モノクロカフェ

ストレンジヌードカルト

作詞
谷口佳史
作曲
谷口佳史

溶ける氷の音だけがただ胸に響くよ

飲み残しのミルクティー 帰らない君を待つ


待ち合わせは決まってこの喫茶店

僕が先に来てコーヒーを頼んで新聞広げて君を待つ

ちょうど3面記事読み終えた頃に

決まって君は息を弾ませて少し重いドア開ける

毎回違う良い訳を考えてくる君のマメさがホントに好きで

ワザと怒ったフリしては腕組んで


いつのまにか君と僕は永遠と思ってた

その勘違いが君の居場所をなくしてたんだね


あれから進んだ時計の針はやさしさに形を変えていくのに

君の声だけ思い出せない

笑われるかも知れないけど幸せそうに笑う君の声がホントに好きで

くだらない冗談ばかり考えてた


溶ける氷の音だけがただ胸に響くよ

飲み残しのミルクティー 帰らない君を待つ


不意に流れたイケテナイBGMは甘い甘い愛の歌で

つられて流れたイケテナイ涙は弱い弱い僕の心なんだな

ごまかそうと見た窓の外はそんな僕を写したような空で


いつのまにか君と僕は永遠と思ってた

その勘違いが君の居場所をなくしてたんだね

溶ける氷の音だけがただ胸に響くよ

飲み残しのミルクティー 帰らない君を待つ

提供: うたまっぷ